白内障の手術についての理解を深める

今回は白内障の治療方法の1つである、手術について紹介させていただきます。

手術というとリスクなどの不安も感じるものになりますが、手術の方法など知ることで白内障の治療に対しての理解を深めていただけたらと思います。

 

手術は痛くありませんか?

まず白内障の手術では局所麻酔を施しますから、痛みを感じることは殆どありません。

しかもその「局所麻酔」も皆さんが通常通りイメージされる「注射によるもの」ではありません。

よく「目に注射針を刺されるなんて想像しただけで怖い」という声を聞きますが大丈夫です。

白内障の手術の麻酔は、注射ではなく、「点眼麻酔」=目薬のように差す麻酔なので、安心して受けて頂けます。

レーザー手術のメリット

レーザー手術の最大のメリットは、手術が正確で安全性が高いという点にあります。

レーザーメスの方法としてはフェムトセカンドレーザーを使用した「LenSx」というものがあります

フェムトセカンドとは「1000兆分の1秒」のことで、それくらい短い時間で正確な位置に水晶体を出し入れする傷口(切開創)

を作ることができることを意味しております。

短い時間で手術ができるということは、それだけ、目への負担が少なく、合併症などを起こすリスクが低くなるということです。

従来のメスで切る手術に比べて、傷口の治りが早いという点においても、安全性の高い手術といえます。

レーザー手術とはどんなものですか

LenSxに関して言えば、1000兆分の1秒単位という、超短時間のレーザーを連続的に照射することで、角膜を切開し、水晶体の前側に丸い穴を開け、水晶体を細かく砕くところまでの一連の作業をすべて自動で行うことができます。

従来の白内障手術は、医師がメスを使って砕く、という作業をすべて手作業で行っていました。

それに比べると、LenSxを使った手術では、一連の作業を正確に安全に行うことで、目の負担も軽減することが可能になりました。

手術の時間

白内障の手術はあっけないほど、早く終わります。

手術の平均は、片目10分、両目で20分。日帰り手術になります。

術後はすぐに、目を開けることができますから、手術後、帰宅するときには「劇的に目の見え方が変わっている」のです。

手術を受けた多くの方が、その変化に驚いています。

40代で白内障になった私の患者さんは、診断結果を伝えたときに、涙を浮かべてとても悲しそうな顔をしていました。

かすみ目の自覚があって来院しただけだったので、まさか自分が白内障とは、思っていなかったようです。

しかし、白内障の手術が終わったとき、それまでの暗い表情が一変し、ほっとした様子で「実は白内障の診断を受けたとき、”もう私はおばあちゃんになってしまったのか”とショックだったんです」と話してくれました。

手術後には、住んでいる世界が変わったのかと思うほど、劇的に見え方が改善し、テレビもクッキリ見えるとニコニコしていらっしゃいました。

さらにはもともとの近視に対してもメガネがいらなくなり、今まで以上に生活がしやすく、おしゃれも楽しくなったそうです。

白内障の手術は、その手法も水晶体の代わりに入れる人工の眼内レンズも「すさまじい」といえるほどの進化を遂げています。

白内障治療の点眼薬はこちら

白内障の治療が必要な段階とはどの程度になるのでしょうか

白内障の症状がない場合でも白内障と診断されるような事例もあるようです。

その場合、白内障の治療は必要なのでしょうか

治療が必要かどうかは、「日常生活に不便を感じているかどうか」が判断の目安になってくると思います。

白内障の根本的な治療方法は、カタリン、カリーユニなどの処方される点眼薬を使用するなども挙げられますが、こちらが進行を遅らせる程度とされており、手術やクララスティルを使用するがあげられます。

手術について申し上げますと、リスクやコストについても考えると、「日常生活に不便がない状態だと、手術をする決心がつかないということもあるでしょう

でも、もしも日常生活の特定シーンで、「目がもっとよく見えたらいいな」と思うことがあれば、迷わず手術をう受けることをお勧めします。

早くに白内障手術を受けるメリットに1つは白内障が悪化してから、手術する場合に起こり得るリスクの回避です。

白内障は誰もがかかる病気です。

早い人で30代から発症し、80代にはほぼ100%の確率で罹患します。発症してすぐ失明するような病気ではありませんが、進行すると目が見えづらくなるだけでなく、手術前検査や手術そのものが難しくなったり、合併症が起きやすくなったりします。

また、長く放置すると緑内障などほかの病気を併発する可能性もあります。

最近ではそうしたリスクを踏まえて「いずれ手術するのであれば、早いうちに済ませてしまおう」と決断する人が増えてきました。

もう1つ、早朝に白内障手術を受ける人が近年になって増加した背景には、多種多様な多焦点眼内レンズが出てきたことがあります。

多焦点レンズは簡単にいうと、遠くも近くも見えるようになる遠近両用タイプの眼内レンズです。

それまで、メガネやコンタクトレンズで老眼を矯正していた人も、多焦点レンズを用いた白内障手術を受ければ、メガネやコンタクトレンズなしの裸眼で不自由のない生活を送ることができる可能性が非常に高いです。

また、老眼だけでなく、近視・遠視・乱視といった症状にも対応できるため、まだ老眼がはじまっていない30代の方が手術を受けるケースも少なくありません。

多焦点眼内レンズを用いる白内障手術を受けて、早いうちに治療することで「よりよく見える目」を手に入れて、生活をより快適にすることができるのです。

 

ここまで白内障を早期発見した場合の治療について記載させていただきました。
手術に関しましては、タイミングなどそれぞれ考えられるものがあるかと思います。
早いうちに手術を決断する方、クララスティルなどの点眼薬で手術を避けての治療を望まれる方など、方法は多様にあるかと思います。

自分にあった治療方法を見つけてみてください。

白内障の手術のお話しをいたしましょう

1970年代頃、まだ水晶体を崩して取り出すのではなく、「水晶体の嚢外摘出(ECCE)」といって、水晶体を丸ごと取り出すような手術も行われておりました。

つまり、水晶体の核を割らずに水晶体ごと出してくるという手術でした。

最初の頃、ECCEも、キャンオープンといって缶詰の缶を開けるように、水晶体を包んでいる袋に一周穴をあけていって円を作って切り取りました。

その後は、前嚢攝子という危惧を使うようになりましたが、水晶体自体直径が11ミリほどありますので、この方法ですと、切り口も11ミリなどち大きくなってしまいます。

その後、超音波を使った「超音波乳化吸引術」という方法がでてきてからは、約2,3ミリという極小の切開で済むようになりました。

しかし以前と、今の手術の違いは、何より傷口が小さくて済むということでしょう。

1970年代の傷口が11ミリだったものが、1980年代には3ミリという小切開時代を迎えたのです。

傷口が小さくなることで、患者の眼の負担も減っていきます。

手術後の感染リスクも軽減され、手術によって起こる惹起乱視なども軽減されるようになり、手術後の矯正誤差も減るというメリットがあります。

そしてこれらの手術が、より安全で正確なものになったのはコンピューターが導入されたことにもよるでしょう。

現代では、眼の状態が詳しく解析できますので、その状態に合わせた正確な手術を行うことが可能になっています。

知っておきたい手術の手順

これまで、日本では白内障手術は主に、「超音波乳化吸引術」という術式で行われてきました。

白内障手術の変化が分かりやすいよう、標準的なこの手術手順と最新のレーザー手術(フェムトセカンドレーザー手術)を併記しておきます。

1 眼の表面にある角膜のふちを、メスを切って切開します。

2 専用の器具(前嚢鑷子)で医師が手作業によって、水晶体を包む袋(前嚢)を丸く丸く切開します。

3  水晶体に超音波を当て粉砕しながら吸引します。これを「超音波乳化吸引術」と言います。

4 水晶体が無くなった空の袋に水晶体の代わりとなる眼内レンズを挿入します。

クララスティルってどんなコースがあるの?

クララスティルのサイトを見ていると、同じクララスティルでも様々なコースがあるって知っていました?

今回はコースの紹介と、実際にコースがお得なのか。を私なりに考えてみましたので参考にして頂けたらと思います。

犬用のドッグクララスティルと一部違いはございますが、ほとんど同等のもの

となっております。

 

①通常コース  12800円

こちらが、初回に購入される方が多いコースだと思います。

1セット(2本)で12800円となっております。
1日に朝、夜、2回ずつ計4回の点眼で、1セット約3週間~4週間の量となっております。
また、購入の際に次回から使用できる10%分のポイントが付与されます。2回目は10%引きの11520円で購入できちゃうわけですね!

 

②定期購入コース 21000円

こちら1回分が2セット(4本)となっております

定期コースのスケジュールは使用開始月から6カ月までは1カ月半ごとに1回(2セット)送付されて、効果が見え始めた際、使用頻度が1日1回になることを想定して、6カ月目以降は3ヵ月ごとに1回の発送になります。

お勧めの理由を2点あげさせて頂きます。

・価格
1セットあたりの価格が10500円と通常コース12800円と比べてお得になっております。クララスティルは継続して使用することで効果が表れやすいものとなっておりますので、通常コースでくり返し購入するより結果的にお得というわけです!

・いつでも休止、解約ができる!

定期コースで不安になる点といえば、解約の問題ですよね。
こちら、最低3ヵ月解約できない縛りはございますが、それ以降はいつでも解約が可能です。また目薬の在庫が溜まってきてしまった時でも、お休みすることや、日程を変更することなど、こちらの希望に沿って決めることができます。

 

③まとめ買いコース

 

3セット 33000円

4セット 44000円

5セット 55000円

 

 

ドッグクララスティルは沢山愛犬を飼っている方などにおススメのコースです。

 

④お試しコース(人用のみ)

1本のみ 7000円

文字通りお試しで使用してみたいという方におススメのコースですね。

1本単位ですので、割高にはなってしまいますが、手軽に購入できるのもよい点ですね。

 

以上、クララスティルのコースを紹介させて頂きました。

このコースの他にも1度購入されたお客様向けのキャンぺーンなど行う時期もあるようで、併せてご利用されるのもいいでしょうね。

 

 

販売本数22万本突破、クララスティル

 

 

クララスティルは特許承認されているの?

2010年9月、アメリカにおいて、白内障の特効薬としてクララスティルが世界で初めて特許承認されました。

この意味するところは非常に大きいと思います。

特許というのは、知的財産としてその発明が守られるという意味合いが大きいわけですが、それだけではありません。

そもそもどのような発明に対して特許が承認されるのかと言いますと、

まず第一に、産業として実施できるものでなければなりません。

つまり、ただ単に学術的価値しかないとか、実験的にしか利用できないという程度では特許を取ることができないのです。

それは、産業の発達を図るという特許法の目的が達成できないからです。

つまり、クララスティルが特許を承認されたということは、

白内障の薬として、今後大きく販売され、産業の発達を貢献するであろうということを認めてもらったということなのです。

また、特許を受けることができる発明とは、今までにない新しいものでなければなりません。

白内障に効果のある薬はこれまでひとつもありませんでした。

そこにこのクララスティルが登場したわけです。

それはこれまでなかったまったく新しい発明であり、画期的で他に類がないということが証明されたということなのです。

ですから、クララスティルが特許を承認されたということの持つ意味がいかに大きいかがわかります。

いまEUや日本でも特許を申請中だと言います。

また、現在ではCEマークを取得しております。CEマークとは、欧州連合EUによる欧州統一法規の枠組みの中で設けられた制度であり、すべてのEU加盟国の基準を満たす商品に付けられるマークです。信頼の証ともいえるマークといえます。

2019年7月現在、22万本の売り上げを突破しているクララスティル

手術以外の選択肢としても考えられております。

日本でも特許が取得するば、これからクララスティルを取り巻く日本での環境も劇的に変わってくるのではないかと思います。

 

 

販売本数22万本突破、クララスティル!

 

 

クララスティルって医薬品なの?

これまで不可能とされていた白内障に効果があるというクララスティルという点眼薬ですが、

これは医薬品なのかと問われると、答えに窮します。

というのは、日本の薬事法では、医薬品とはあくまで薬局などで市販されているものとされているからです。

今現在、クララスティルはインターネットで購入できても、薬局で購入することはできません。

おそらく眼科でも患者に使用されてはいないでしょう。

ですからその意味では医薬品の範疇には含まれないことになります。

しかし、欧米を基準に考えると、答えは違ってきます。

EUではもう4年も前から市販されていて、EUの安全マークであるCEマークを取得しています。

このCEマークがなければ、欧州経済領域EEAやトルコ、スイスで販売することはできませんし、このマークは信頼の証と理解されているのです。

ちなみに、日本でインターネットを通して購入できるクララスティルはフランスから送られきます。

また、アメリカでは2010年、世界で始めて特許が承認され、爆発的に売れているそうです。

ですから、欧米を基準にすれば、医薬品ということになるのだと思います。

クララスティルが効くのか効かないのかという疑問より、こういう素朴な疑問が、案外難しいのが現状なのかもしれません。

後は、個人の判断ということになるのでしょうね。

販売本数22万本突破、クララスティル

 

 

クララスティルはどこで買えるの?

最近、ネット上でクララスティルはどこで買えるの?という質問がけっこうあるのに気がつきました。

白内障の特効薬であるクララスティルが話題になっているようですね。

アメリカで世界初の特許が承認されたことによって、世界に広まりつつあるようです。

白内障に苦しんでいる人は日本だけで150万人以上いると言われ、加齢が主な原因ですから、誰が発症してもおかしくありません。

80歳を過ぎれば、ほんとんど人が白内障になっているとさえ言われます。

ところが、これまで白内障に効果のある薬はひとつもなかったのです。

ですから、白内障に効果のある薬がついに出たと聞けば、ぜひとも手に入れたいと思う人はたくさんいると思います。

しかし残念ながら、日本ではいま現在クララスティルを薬局などですぐに買うことができないのです。

日本における薬の認可には、いつも時間がかかるんですよね。

では、手に入れることは不可能なのかというと、決してそういうことでもありません。海外から取り寄せたら良いわけです。

クララスティルを正式に取り扱う輸入代理業者が、インターネットでクララスティルを取り扱っております。

ですから、誰でも簡単に買うことができるんです。

ただし、輸入ですのでそれなりに時間がかかるということと、クララスティルを使用して問題が生じたとしても、責任はとってくれません。

もし万が一そういうことがあれば、直接輸入先の製薬会社にかけ合うことになります。

とはいうものの、発売以来、一度も副作用などは報告されていないといいますから、安心して使えそうです。

また、目薬という感覚からいくと、少し値段が高いなあと思うかもしれませんが、通常の目薬とはやはり違うのだという理解でよろしいかと思います。

ですから、むやみやたらに使用するものではありません。

一日二回、ゆっくり時間をかけて使用し、白内障の改善していくようです。

販売本数22万本突破、クララスティル

 

 

クララスティルって白内障に効くの?

最近、不可能と言われていた白内障に効果のある新薬としてクララスティルというロシア人科学者マーク・バビザエフ博士が開発した点眼薬が話題となっています。

しかし、これまで白内障を治すことのできる薬はなく、手術しかないと言われていたので、本当に白内障に効くのか、不安に思う人も多いと思います。

しかし、このクララスティルがどのような仕組みで白内障に効くのかを知ると、これは効くかもという気になってきます。

クララスティルの中にはNアセテルカルノシン(NAC)・非加水分解カルノシンという複合アミノ酸成分が含まれています。

これが白内障の治療に大きく関わっているようなんです。

人間の体にはカルノシンという抗酸化作用のある物質が作られ、老化現象などを防いでくれています。

かし、加齢により、だんだんとこのカルノシンが体内で生成されなくなっていきます。

それにより、水晶体の酸化が起きてしまい、白内障へとつながっていくと考えられています。

さて、クララスティルに含まれているNアセテルカルノシン(NAC)・非加水分解カルノシンなんですが、これは化学合成により製造されたものです。

ところが、これを点眼薬という形で投与すると、なんと驚くべきことに、人間の目の中でカルノシンに変わってしまうのです。

そして眼球の水溶液に直接入り込むことによって、強力な酸化防止剤として働きだすのです。

これがクララスティルの仕組みなんです。

実際、10年にわたり人と動物への臨床試験の結果は良好で、

一日2回、6ヶ月間にわたって使用したところ、90%の人に視力の改善が見られ、41,5%の人に水晶体の透明性が認められたそうです。

時間はかかりますが、確実に白内障の改善が見られたのです。

特に白内障の初期、7年以内であれば、効果はさらに高くなるようです。

もちろん、15年もたっている人でも効果がみられる人もあったといいます。

もちろん、クララスティルの効果を疑問視する人は、迷うことなく手術を受けられると良いと思います。

しかし、低いとはいえ、手術には当然様々なリスクが伴います。

また仕事の都合で手術を受けられないとか、手術そのものに抵抗がある人もいると思います。

そのような人は試してみる価値はあると思います。

幸いなことに、これまで副作用は一件も報告されていないとのことなので、安心して試してみることができると思いますよ。

クララスティルってどんな目薬?

最近、クララスティルという点眼薬が注目されています。

この点眼薬は白内障の治療のための薬なのですが、なぜ注目されているかと言いますと、これまで白内障を治すことのできる薬はひとつもなかったからです。

今現在日本において白内障の治療に使われる点眼薬というのは、はじめから治癒することを目的とはしてはいません。

その目的は、少しでも白内障の進行を遅らせることにあり、それが限界でした。したがって、やがては手術という方法を選択せざるをえませんでした。

そのような状況の中にあって、ついに白内障に効果のある点眼薬として登場したのがこのクララスティルというわけなんです。

まだ爆発的な認知にはいたっておらず、じわりじわりとネットの世界で広がっているような感じですが、

実はEUでは4年も前から認可され、市販されているのです。

アメリカでも2010年9月に特許申請が承認され、とても売れていると聞いています。

そして日本でも、2011年4月より、ネットなどを通して購入(輸入)できるようになりました。

さて、このクララスティルという薬ですが、どのような仕組みで白内障に効くのでしょう。

調べてみると、カルノシンという成分が大きく関わっているようなんです。

このカルノシンというのは、抗酸化作用のある物質で、老化現象などを防いでくれます。

しかし、加齢により、だんだんとカルノシンを体内で生成する能力が衰えてしまうのです。

それにより、水晶体の酸化が起こり、白内障の白濁へとつながっていきます。

クララスティルには、カルノシンの仲間であるNアセテルカルノシン(NAC)・非加水分解カルノシンという複合アミノ酸が入っています。

これは化学合成により製造されたものなのですが、

これを点眼薬という形で投与すると、なんと人間の目の中でカルノシンに変わってしまうのです。

そして眼球の水溶液に直接入り込むことによって、強力な酸化防止剤として働きだすのです。

これがクララスティルの仕組みなんです。

実際、臨床試験の結果は、90%の人に視力の改善が見られ、41,5%の人に水晶体の透明性が認められたそうです。

100%ではないのですが、しかし、白内障の初期、7年以内であれば、効果はさらに高くなります。

同時に、15年たっている人でも効果がみられる人もあったといいます。

これを発見したのは、ロシアの科学者、マーク・バビザエフ博士という人で、今はアメリカで特許をとり、会社を起こしているようです。

ノーベル賞級の発明ではないかと個人的には思いますが、これから世界の評価が始まるのでしょうね。

なお、クララスティルは人間だけではなく、人間より白内障の手術が難しいとされる犬など動物の白内障にも効果があるようです。

こちらも犬を飼っている人には朗報だと思いますね。

新しい治療法

白内障の治療は、一般的に点眼薬か手術かの選択になりますが、眼薬は白内障の進行を遅らせる効果しかなく、厳密には治療とは言えません。

ですから、いずれ手術をすることになります。

ところが、数年前からこの常識を覆す新しい治療法が出てきました。

なんと不可能と言われていた白内障を治療できるクララスティルという点眼薬がついに開発されたようなんです。

この画期的な新薬はロシア人科学者マーク・バビザエフ博士により、10年に及ぶ臨床試験の結果、開発されました。

ヨーロッパではすでに5年もまえから市販され、アメリカでも2010年に特許申請が承認されました。

この新薬の効果はというと、一日2回、6ヶ月間使用したところ、90%以上の人に視力の改善が見られ、41、5%の人に水晶体の透明性が確認されたとのことです。

そして副作用はほとんどないとのことです。また、加齢性の白内障はもちろんのこと、若年性、糖尿病、アトピー性など、外傷性以外のほとんとの白内障に効果があるそうです。

さらには人間だけではなく、犬にもその効果が確認されています。

基本的には白内障を発症して7年未満の患者に最も効果が見られましたが、15年近く患っている患者にも改善が見られたそうです。

日本ではまだ薬局などで購入することはできませんが、インターネットなどを通して輸入することができるようです。

これは試してみる価値があるのではないでしょうか。

特に、仕事で手術が受けられないとか、手術そのものが怖いとか言う人には良いのではないかと思います。

もし改善が見られなければ、それから手術を考えても遅くはありません。

また、このクララスティルは白内障の治療だけではなく、予防にも効果がありますので、

たとえば、片方だけ白内障の場合、やがてもう一方の目も白内障になる可能性は高いと思いますので、予

防として使用するという使い方もあると思います。

興味深いことに、ドライアイや疲れ目のようなものにも効果があるそうですよ。