白内障手術の準備

白内障の手術を行う場合、いくつかの必要な準備があります。

費用の準備

まず、費用の準備です。白内障の手術費用は病院によっても若干違います。

以前は、水晶体の代わりに入れる眼内レンズが保険適用外だったので、

その費用を片目で約10万円全額を払わなければなりませんでしたので、かなり高額な手術費が必要でした。

しかし、平成4年の4月以降は、眼内レンズも保険が適用されるようになりました。

その結果通常の白内障の手術では、片目で5万円前後だけでよくなりました。

費用の大まかな内訳は、水晶体超音波乳化吸引術にかかる費用と、眼内レンズ挿入術にかかる費用で、

それを合わせた合計金額が白内障の手術に必要な費用ということになります。

ただ、遠くも近くも見えるような多焦点レンズを挿入する場合は保険適用外になり、

片目で2~30万円の高額な費用を負担しなければなりません。

しかし、高額医療費はあとから様々な還付金として戻ってきますので、各市町村に問い合わせてみると良いでしょう。

 

・検査

どんな手術で、術前検査はあるものですが、白内障の手術を受ける際も同じ、さまざまな検査が必要になります。

まず、通常初診のときに「視力」や「眼圧」などの基礎検査を行い、白内障の原因を調べます。

というのは水晶体超音波乳化吸引術は、老化による「加齢性白内障」と診断された場合に行うことができる手術で、合併症などがある場合は、状況により手術の方法も変わってくるからです。

また、白内障症状が進んでしまい、水晶体が硬く真っ白に濁ってしまった場合も、難しくなります。

しかし、初診のときの診断において、手術をすべきか否かの判断が、医師によってもまちまちになることが多いようです。

もしも診断結果に不満や疑問がある場合には、セカンドオピニオンを求めてみるのも大切だと思います。

さらに、血液検査や血圧測定などの全身検査及び、「視力検査」「眼圧検査」「屈折検査」「眼底検査」など、

網膜の働きなどを調べ、手術が可能かどうか詳しく調べていきます。

水晶体の濁り状態によっては電気的な検査も必要となってきます。

様々な検査の結果、手術そのものができなかったり、日帰り手術ではなく入院が必要だと判断される場合もあります。

また、眼内レンズ挿入のための「超音波検査(眼軸長検査)」も受けなければなりません。

通常の眼内レンズは1カ所にしかピントが合いませんから、自分のライフスタイルに合った度数を選ぶことが大切になります。

 

白内障手術の危険性

白内障の手術はとても繊細な手術です。経験と実績がものを言います。

熟練した医師は簡単な手術だと言う場合も多いようですが、まだ経験の浅い医師にとってはなかなか難しい手術なのです。

その意味でも危険性は常に伴います。

白内障手術の危険性として考えられることは、まず麻酔薬によるショックがあります。

点眼麻酔になって、かなりリスクは少なくなりましたが、体質的に麻酔があわない人は危険がともなうということを覚悟しなければなりません。

次に手術中の出血の危険があります。

術中に眼底出血が起こった場合、その出血を中々止血できません。出血が激しければ、視力の回復が望めない場合も出てきます。

また、薄い水晶体嚢が破ける危険性もあります。

水晶体嚢が損傷した場合、その日に手術が終わらず、後日また手術をしなければならなかったり、中には視力回復に影響することもあります。

同様に、角膜が損傷する危険性もあります。

濁った水晶体を取り除き、人工レンズを入れるためには、眼球に傷がつきます。

その傷の大きさによっては、角膜の移植手術を受けなければならないケースも出てきます。

さらに、細菌による感染症の危険性もあります。

感染症は、手術中や術後に、何らかの原因で眼の中に細菌などが入り込むことで起こります。

ちなみに、感染症の発生は、2,000件に1件だと言われています。

白内障手術の内容

白内障手術はどのように行うのでしょう。順を追って見てみましょう。

 

1 術前検査

白内障手術は点眼麻酔で行いますので、高血圧や糖尿病、心疾患などの持病のある人は、念のために内科を受診してます。

術前検査では胸部X線、心電図、採血検査など一時間半程度の検査を行います。

さらに手術の時に眼内レンズを挿入するので、眼内レンズの度数を決めるための検査も行います。

2 準備

手術の3日前から、抗生物質の点眼を開始します。

これは目のバイ菌の量を少しでも減らし、感染症のリスクを減らします。点眼は1日3回行います。

3 手術

手術は一般的に超音波乳化吸引術という方法で、白濁した水晶体を取り除きます。

水晶体というのは嚢(のう)という薄い透明な膜に包まれています。

この膜の前の部分に2,3ミリの丸く穴を開けて、中の濁った水晶体だけを超音波で砕いて液化させ取り除きます。

ちなみに以前は水晶体ごと取り出していたそうですが、傷口が大きくなるため術後の乱視が大きくなってしまうことや、

感染が起こりやすいためにリスクが高いので、いまはあまり行われていません。

濁った水晶体を取り出したあとは、残っている嚢の中に眼内レンズを挿入します。

ここが難しいそうです。というのは、嚢がとても薄い膜で、簡単に破れてしまうからです。

その膜を破らずに中身だけ取り除くには、かなりの熟練を要するようです。

4 術後の受診

白内障手術後の診察スケジュールは、

術翌日、3日後、1週間後、2週間後、1ヶ月後、3ヶ月後、半年後、一年後となっているようです。

また、手術後はおよそ3ヶ月間点眼しつづけます。

その他

白内障の手術後、数ヵ月~数年して、またまぶしくなったり、目がかすんだりすることがあるようです。

これを後発白内障といいます。

おそらく、「手術をしたのになぜ?」と思うことでしょう。

これは手術のときに残した水晶体の後嚢が濁ってくるために起こります。

ただ、心配はあまり要らないようです。

というのは、後発白内障の場合は手術の必要はなく、レーザーを使って簡単に濁りを取ることができるからです。

視力はすぐに回復するとのことです。

白内障の治療方法

患者が150万人以上もいると言われる白内障ですが、その治療法は手術によるものと、薬によるものとに分かれます。

ただ、通常使用される白内障の目薬は、その進行を遅らせる程度の効果しかなく、欧米などでは、あまり使用されないと聞きます。

というのは、進行を遅らせることができたとしても、自然に治癒することがないので、いずれ手術をすることになるからです。

それだったら、はじめから手術をしたほうが良いということなのでしょう。

ただ、最近は白内障にも効果があるクララスティルという目薬もあるようです。

日本では市販されていないのですが、ネットから輸入する形で購入することになります。

これに対し手術による治療は、まず水晶体嚢のみを残して、水晶体の濁った部分を取り出してしまいます。

そして、残った水晶体嚢に、レンズの役割をする眼内レンズを挿入します。

この内容だけ聞くと、ちょっとぞっとしますが、手術器具の進歩もあり、比較的リスクの少ない手術だと言われます。

入院する必要もなく、日帰りで帰ることができます。

しかし、そうは言うものの、非常に繊細な手術であることに間違いなく、医者の側から言えば、

実はとても難しく、初心者では何時間かけても最後まで到達できないという話も聞きます。

やはり経験が必要ということなのでしょう。

ところで、濁った水晶体をどうやって取り出すかといいますと、一般的には超音波水晶体乳化吸引術という方法をとります。

これは、2ミリから3ミリの小さな穴を開け、そこから超音波振動で高速で動く機械で、

水晶体の中身を細かく砕いて、水晶体を乳化させ、最後に吸い取るのだそうです。

昔は大きく切って、濁った水晶体を丸ごと取り出していたといいますから、その進歩の差は歴然です。

しかしながら、特殊な病気で起こった白内障や、高齢者や外傷で内部が弱くなっている患者さんにはこの昔ながらの方法で水晶体を取り出すのだそうです。

また、手術費用はどちらの方法でも、片目5万円前後です。

ただ、保険が適用されない多焦点レンズを挿入する場合は、片目で30万くらいかかるみたいです。

白内障の進行スピード

白内障は45歳ころから発症する率が高く、年齢を重ねるにつれて割合が増加していきます。

白内障の進行のスピードは、個人差がありますが、一般的に10年、20年とゆっくりと進行していくといわれています。

高齢で発症した場合、死ぬまで白内障に気づかないということもあるそうです。

また、日本で主流の白内障の進行を遅らせるカタリン点眼液などを使えば、よりその進行のスピードが遅くなっていきます。

しかし、例外もあります。れは他の病気との合併です。

たとえば、アトピー性皮膚炎が原因で白内障になるケースがあります。

加齢性白内障と違い、若年者に発生することが多いと言われます。

そして、普通の白内障が水晶体の外側から始まるのに対し、アトピー性白内障においては、水晶体の中央部から白濁が始まることが多いので、

比較的早くから視力障害や目のかすみやなどを訴えることが多くなります。

また進行が速かったり、点眼薬が効かないということもあるようです。

同じように、糖尿病が原因で白内障になるケースも、普通の白内障に比べて進行が早くなることがあります。

それは血糖コントロールができないからです。

血糖コントロールがうまくできないと白内障の進行も早くなってしまうのです。

ですから、白内障を発生させないために、そして白内障を発生させてしまったとしても、その進行スピードを抑えるために、血糖コントロールが欠かせないことになります。

 

白内障の理由

白内障の理由の多くは、加齢が原因と言われます。

つまり老化現象のひとつで、誰がなってもおかしくありません。

この老化の進行を加速させる要因に、酸化ストレスがあると言われます。

私たちが生きていくためには、酸素が必要ですが、この酸素が体に悪さをすることがあるのです。

呼吸により酸素は体内に取り込まれます。

すると取り込まれた酸素の約2%程度が「活性酸素」と呼ばれる極めて不安定な物質に変化します。

この活性酸素は悪いものではなく、外敵から体を守るという重要な使命を果たしています。

ところが、何らかの原因で大量に活性酸素が発生するとやっかいなことが起こります。

それは、自らの体を攻撃してしまうということです。

この結果、体は大きなダメージを負ってしまうのです。そして、これが老化を加速させる大きな原因になっているのです。

若いときは、天然の酸化防止剤であるカルノシンという物質が体内で作られるために、活性酸素の悪さを防いでくれています。

しかし、加齢とともに、このカルノシンの精製が減少し、活性酸素の悪さを食い止めることができなくなっていくのです。

そして、このことが白内障の大きな原因のひとつではないかと考えられているのです。

体内のカルノシン濃度が減少し、水晶体の酸化を抑えることができなくなり、白内障へと進んでいくというわけです。

白内障の症状

白内障症状と言うと、目がかすんだり、光がまぶしく感じたりということから始まって、やがて水晶体が白く濁りだし、視力がだんだん衰え、最後には目が見えなくなっていきます。これらの症状は急激に起こるというよりも、個人差はありますが、一般的にはゆっくり進行していきます。もう少し詳しく白内障症状を調べてみると、白内障の進行状況によって、整理することができるようです。

初期段階

白内障の初期のころは、自覚症状がほとんどないようです。本当なら、この初期の段階で治療を始めることができるならベストなんでしょうが、自覚症状がないので、白内障であることになかなか気づけず、そのまま放置してしまう人が多いようです。

初期の段階で自覚症状がないのは、白内障が水晶体の周辺部から濁り始めることが多いからで、中心部の核に影響がないと、自覚できる症状がなかったり、あるいは症状があっても、目の疲れ程度と思ってしまうことが多いようです。

第二段階

ところが、白内障が次の段階に進むと、はっきりと自覚症状がでてきます。たとえば、物がぼやけて見えたり、かすんで見えたり、時には二重になって見えたりすることもあるようです。さらに、明るいところで光が異常にまぶしく感じたりもします。これは水晶体が濁ることで、光が乱反射を起こしたり、うまく焦点を合わせることができなくなるからです。この段階になりますと、生活にも支障をきたすようになります。

第三段階

さらに次の段階に進行すると、水晶体の白濁がすすみ、見た目にもそれがわかるようになります。そして、まぶしさやぼやけた感じはよりひどくなっていきます。視力もぐんと低下し、0.1以下にまで落ちてしまいます。

第四段階、

もし、白内障を治療せずにそのまま放置しておくと、白内障の最終段階に進んでいきます。最終段階になると、光の明暗しか判別できない状態になってしまいます。現在日本で失明している人口のうち、白内障が原因での失明率は50%、つまり二人に一人が白内障が原因だそうです。

 

内障の初期症状のチェック方法 白内障は初期であればあるほど、治療の効果が上がります。しかし、初期の段階では自覚症状があまりないということで、発見が遅れます。そこで、白内障の初期症状をチェックする方法を考えてみましょう。最近、目の疲れがなかなかとれない人などは、参考にしてみてください。

1 視力の低下 

細かい文字がだんだんと見えにくくなります。老眼と間違えられやすいのですが、老眼と違い、白内障の場合は、眼鏡をかけてもよく見えません。

2 まぶしい

電灯や太陽の光を見たとき、まぶしく感じます。まぶしさの感じがこ今までとは違い、とても気になります。夜間の車の運転などでは、対向車のライトがまぶしくて運転しにくくなります。

3 かすみ 

目の前のものが、まるで霧がかかったようにかすんで見えます。

4 二重に見える

物が二重、ときには三重に見えます。これは水晶体の核と周辺の光の屈折率が違うからです。

5 明るいのに見えにくい

水晶体が濁り、光が目に入る量が減るために、暗いところはなおさら、明るいところでも、物が見えにくくなります。

 

白内障で困ること

白内障を発症すると、ゆっくりと、しかし確実に目が見えなくなっていきます。

ですから、一度発症してしまうと、それを放置することはできません。

そもそも、白内障を発症するといろいろな困ったことが生じてきますので、そのまま放置していられなくなると思います。

白内障の進行の程度は、水晶体の濁りの程度によって分けれます。

自覚症状のない初発白内障の第一段階。

目がだんだんかすみ始める未熟白内障の第二段階。

水晶体が白く濁りだし、視力が0.1以下になる成熟白内障の第三段階。

そして明暗しか分からない過熱白内障の第四段階の四つです。

第一段階では自覚症状がまだありませんから、特に困ることはありません。

白内障は、水晶体の周辺部の皮質と呼ばれるところから濁り始めることが多く、中心部の核が透明なので、視力の低下もありません。

ところが、第二段階に進むと、物がぼやけはじめたり、かすんだりするようになります。

さらに、水晶体が乱反射を起こし、光がまぶしく感じられるようになります。

この段階になりますと、生活にも支障をきたすようになります。

さらに第三段階になると、水晶体の白濁がすすみ、見た目にもそれがわかるようになります。

視力は0.1以下にまで低下し、まぶしさやぼやけた感じはよりひどくなっていきます。

このまま放置すればやがて失明することになりますが、そうなる前に普通は手術を受けることになるでしょう。

 

白内障ってどんな病気?

白内障とは、水晶体が濁って目がぼやけたり、視力が低下する目の疾患です。

水晶体というのはカメラの凸レンズのような働きをする器官で、目に入ってくる光を曲げてピントを合わせ、網膜に画像がキレイに表示されるようにしています。

ですので、その水晶体が濁ると、光が網膜にちゃんと届かなくなったり、乱反射によって正しい像が網膜に結べなくなります。

その結果、目がぼやけたり、視力が低下したり、そのまま放置していれば、やがては明暗しかわからなくなってしまいます。

白内障患者は全国に130万人以上いると言われます。

また、日本においては女性のほうが男性より白内障になる比率が高く、男女比では1:3の割合になっているそうです。

通常、白内障の主な原因は加齢と言われます。

老化とともに体内から天然酸化防止剤であるカルノシンが失われていきます。

このカルノシンというのは、体の諸器官の酸化を抑制するとても重要な役割を担っています。

ところが加齢とともにカルノシンが減少してしまうので、過度の酸化がおこり、タンパク質が破壊され変性し、ついに白内障へと進んでいくのです。

ただ、糖尿病の疾患などがあると、水晶体の変性が速くなり、30代、40代でも白内障症状が起こることもあります。

白内障の治療には、現在点眼薬と、手術という二つの方法が行われていますが、点眼薬は白内障の進行を遅くする程度の効果しか期待できません。

したがってやがては失明してしまいますので、最終的には手術をすることになります。

手術自体は比較的簡単で、リスクも少なく、日帰りで帰ることができます。

しかし、数年前から欧米では白内障に効果のある目薬が開発され、日本でもインターネットなどを通して、購入することができるようです。