白内障の進行スピード

白内障は45歳ころから発症する率が高く、年齢を重ねるにつれて割合が増加していきます。

白内障の進行のスピードは、個人差がありますが、一般的に10年、20年とゆっくりと進行していくといわれています。

高齢で発症した場合、死ぬまで白内障に気づかないということもあるそうです。

また、日本で主流の白内障の進行を遅らせるカタリン点眼液などを使えば、よりその進行のスピードが遅くなっていきます。

しかし、例外もあります。れは他の病気との合併です。

たとえば、アトピー性皮膚炎が原因で白内障になるケースがあります。

加齢性白内障と違い、若年者に発生することが多いと言われます。

そして、普通の白内障が水晶体の外側から始まるのに対し、アトピー性白内障においては、水晶体の中央部から白濁が始まることが多いので、

比較的早くから視力障害や目のかすみやなどを訴えることが多くなります。

また進行が速かったり、点眼薬が効かないということもあるようです。

同じように、糖尿病が原因で白内障になるケースも、普通の白内障に比べて進行が早くなることがあります。

それは血糖コントロールができないからです。

血糖コントロールがうまくできないと白内障の進行も早くなってしまうのです。

ですから、白内障を発生させないために、そして白内障を発生させてしまったとしても、その進行スピードを抑えるために、血糖コントロールが欠かせないことになります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です