白内障の治療方法

患者が150万人以上もいると言われる白内障ですが、その治療法は手術によるものと、薬によるものとに分かれます。

ただ、通常使用される白内障の目薬は、その進行を遅らせる程度の効果しかなく、欧米などでは、あまり使用されないと聞きます。

というのは、進行を遅らせることができたとしても、自然に治癒することがないので、いずれ手術をすることになるからです。

それだったら、はじめから手術をしたほうが良いということなのでしょう。

ただ、最近は白内障にも効果があるクララスティルという目薬もあるようです。

日本では市販されていないのですが、ネットから輸入する形で購入することになります。

これに対し手術による治療は、まず水晶体嚢のみを残して、水晶体の濁った部分を取り出してしまいます。

そして、残った水晶体嚢に、レンズの役割をする眼内レンズを挿入します。

この内容だけ聞くと、ちょっとぞっとしますが、手術器具の進歩もあり、比較的リスクの少ない手術だと言われます。

入院する必要もなく、日帰りで帰ることができます。

しかし、そうは言うものの、非常に繊細な手術であることに間違いなく、医者の側から言えば、

実はとても難しく、初心者では何時間かけても最後まで到達できないという話も聞きます。

やはり経験が必要ということなのでしょう。

ところで、濁った水晶体をどうやって取り出すかといいますと、一般的には超音波水晶体乳化吸引術という方法をとります。

これは、2ミリから3ミリの小さな穴を開け、そこから超音波振動で高速で動く機械で、

水晶体の中身を細かく砕いて、水晶体を乳化させ、最後に吸い取るのだそうです。

昔は大きく切って、濁った水晶体を丸ごと取り出していたといいますから、その進歩の差は歴然です。

しかしながら、特殊な病気で起こった白内障や、高齢者や外傷で内部が弱くなっている患者さんにはこの昔ながらの方法で水晶体を取り出すのだそうです。

また、手術費用はどちらの方法でも、片目5万円前後です。

ただ、保険が適用されない多焦点レンズを挿入する場合は、片目で30万くらいかかるみたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です