白内障手術の危険性

白内障の手術はとても繊細な手術です。経験と実績がものを言います。

熟練した医師は簡単な手術だと言う場合も多いようですが、まだ経験の浅い医師にとってはなかなか難しい手術なのです。

その意味でも危険性は常に伴います。

白内障手術の危険性として考えられることは、まず麻酔薬によるショックがあります。

点眼麻酔になって、かなりリスクは少なくなりましたが、体質的に麻酔があわない人は危険がともなうということを覚悟しなければなりません。

次に手術中の出血の危険があります。

術中に眼底出血が起こった場合、その出血を中々止血できません。出血が激しければ、視力の回復が望めない場合も出てきます。

また、薄い水晶体嚢が破ける危険性もあります。

水晶体嚢が損傷した場合、その日に手術が終わらず、後日また手術をしなければならなかったり、中には視力回復に影響することもあります。

同様に、角膜が損傷する危険性もあります。

濁った水晶体を取り除き、人工レンズを入れるためには、眼球に傷がつきます。

その傷の大きさによっては、角膜の移植手術を受けなければならないケースも出てきます。

さらに、細菌による感染症の危険性もあります。

感染症は、手術中や術後に、何らかの原因で眼の中に細菌などが入り込むことで起こります。

ちなみに、感染症の発生は、2,000件に1件だと言われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です