クララスティルってどんな目薬?

最近、クララスティルという点眼薬が注目されています。

この点眼薬は白内障の治療のための薬なのですが、なぜ注目されているかと言いますと、これまで白内障を治すことのできる薬はひとつもなかったからです。

今現在日本において白内障の治療に使われる点眼薬というのは、はじめから治癒することを目的とはしてはいません。

その目的は、少しでも白内障の進行を遅らせることにあり、それが限界でした。したがって、やがては手術という方法を選択せざるをえませんでした。

そのような状況の中にあって、ついに白内障に効果のある点眼薬として登場したのがこのクララスティルというわけなんです。

まだ爆発的な認知にはいたっておらず、じわりじわりとネットの世界で広がっているような感じですが、

実はEUでは4年も前から認可され、市販されているのです。

アメリカでも2010年9月に特許申請が承認され、とても売れていると聞いています。

そして日本でも、2011年4月より、ネットなどを通して購入(輸入)できるようになりました。

さて、このクララスティルという薬ですが、どのような仕組みで白内障に効くのでしょう。

調べてみると、カルノシンという成分が大きく関わっているようなんです。

このカルノシンというのは、抗酸化作用のある物質で、老化現象などを防いでくれます。

しかし、加齢により、だんだんとカルノシンを体内で生成する能力が衰えてしまうのです。

それにより、水晶体の酸化が起こり、白内障の白濁へとつながっていきます。

クララスティルには、カルノシンの仲間であるNアセテルカルノシン(NAC)・非加水分解カルノシンという複合アミノ酸が入っています。

これは化学合成により製造されたものなのですが、

これを点眼薬という形で投与すると、なんと人間の目の中でカルノシンに変わってしまうのです。

そして眼球の水溶液に直接入り込むことによって、強力な酸化防止剤として働きだすのです。

これがクララスティルの仕組みなんです。

実際、臨床試験の結果は、90%の人に視力の改善が見られ、41,5%の人に水晶体の透明性が認められたそうです。

100%ではないのですが、しかし、白内障の初期、7年以内であれば、効果はさらに高くなります。

同時に、15年たっている人でも効果がみられる人もあったといいます。

これを発見したのは、ロシアの科学者、マーク・バビザエフ博士という人で、今はアメリカで特許をとり、会社を起こしているようです。

ノーベル賞級の発明ではないかと個人的には思いますが、これから世界の評価が始まるのでしょうね。

なお、クララスティルは人間だけではなく、人間より白内障の手術が難しいとされる犬など動物の白内障にも効果があるようです。

こちらも犬を飼っている人には朗報だと思いますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です