眼の難病に新たな治療の可能性弘前大チーム

弘前大学大学院医学研究科眼科学講座(中澤満教授)などの研究チームが、遺伝性の病気である「網膜色素変性症」の原因となる酵素の働きを抑制するアミノ酸化合物を発見し、疾患遺伝子の一つを持つラットに投与した結果、光を受容する視細胞の死を抑えることに成功

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です