(4)胎児治療「未来」を受け入れる時間に

こうした不安や疑問は、入院中に病気のリスクや治療法などを医師らと話す機会が増えたことで解消していった。経過を見ながら出産に臨み、赤ちゃんは産まれて7日、手術を受けることができた。「もし産まれてから病気が分かったら、受け入れるまでに時間がかかったかもしれ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です