がん医療過去から未来へ(上)がん研有明病院長・門田守人

門田基本計画には、時代の流れが表れている。5年前に作った基本計画の全体目標(10年目標)には、まず、病気の克服が上がり、死亡率の20%減少が記されている。次が、緩和ケアに代表される「療養生活の質の向上」。1つ病気そのもの、2つは患者と家族。5年

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です