病気と闘いながらメダル目指すパラリンピック代表を取材しました。

ショックはショックなんですけれども、病気と言われても、急にが悪くなるという感じでもなかったから、あんまりピンとこなかった部分もありますね」と語った。大学卒業後は、地元・静岡の裁判所で事務官として働き始めたが、病気が進行し、やむを得ず10年ほどで退職した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です