細胞で病気を治療できる時代に?―合成生物学の可能性

合成生物学は比較的新しい分野の学問で、病気の治療、新薬の開発を助けるための化合物、元素、生体物質を生成するDNA配列、タンパク質、細胞に関する研究を行う。あるいは、将来ほかの惑星に居留地を築く際に必要となりうる能力の研究で….ヨーロッパにおける遺伝子組み換え植物に対する反対や、他の魚

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です