人工網膜で視力回復阪大、14年度にも臨床試験

大阪大学の瓶井資弘・病院教授らは、病気で失明した患者に人工の網膜を埋め込み視力を一部回復させる医師主導の臨床試験(治験)を2014年度にも始める。患者は1年以上人工網膜は失明患者のの裏側に電極を付け、電気で網膜などを刺激する。眼鏡に付けたカメラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です