白内障の手術についての理解を深める

白内障の手術についての理解を深める

今回は白内障の治療方法の1つである、手術について紹介させていただきます。

手術というとリスクなどの不安も感じるものになりますが、手術の方法など知ることで白内障の治療に対しての理解を深めていただけたらと思います。

 

手術は痛くありませんか?

まず白内障の手術では局所麻酔を施しますから、痛みを感じることは殆どありません。

しかもその「局所麻酔」も皆さんが通常通りイメージされる「注射によるもの」ではありません。

よく「目に注射針を刺されるなんて想像しただけで怖い」という声を聞きますが大丈夫です。

白内障の手術の麻酔は、注射ではなく、「点眼麻酔」=目薬のように差す麻酔なので、安心して受けて頂けます。

レーザー手術のメリット

レーザー手術の最大のメリットは、手術が正確で安全性が高いという点にあります。

レーザーメスの方法としてはフェムトセカンドレーザーを使用した「LenSx」というものがあります

フェムトセカンドとは「1000兆分の1秒」のことで、それくらい短い時間で正確な位置に水晶体を出し入れする傷口(切開創)

を作ることができることを意味しております。

短い時間で手術ができるということは、それだけ、目への負担が少なく、合併症などを起こすリスクが低くなるということです。

従来のメスで切る手術に比べて、傷口の治りが早いという点においても、安全性の高い手術といえます。

レーザー手術とはどんなものですか

LenSxに関して言えば、1000兆分の1秒単位という、超短時間のレーザーを連続的に照射することで、角膜を切開し、水晶体の前側に丸い穴を開け、水晶体を細かく砕くところまでの一連の作業をすべて自動で行うことができます。

従来の白内障手術は、医師がメスを使って砕く、という作業をすべて手作業で行っていました。

それに比べると、LenSxを使った手術では、一連の作業を正確に安全に行うことで、目の負担も軽減することが可能になりました。

手術の時間

白内障の手術はあっけないほど、早く終わります。

手術の平均は、片目10分、両目で20分。日帰り手術になります。

術後はすぐに、目を開けることができますから、手術後、帰宅するときには「劇的に目の見え方が変わっている」のです。

手術を受けた多くの方が、その変化に驚いています。

40代で白内障になった私の患者さんは、診断結果を伝えたときに、涙を浮かべてとても悲しそうな顔をしていました。

かすみ目の自覚があって来院しただけだったので、まさか自分が白内障とは、思っていなかったようです。

しかし、白内障の手術が終わったとき、それまでの暗い表情が一変し、ほっとした様子で「実は白内障の診断を受けたとき、”もう私はおばあちゃんになってしまったのか”とショックだったんです」と話してくれました。

手術後には、住んでいる世界が変わったのかと思うほど、劇的に見え方が改善し、テレビもクッキリ見えるとニコニコしていらっしゃいました。

さらにはもともとの近視に対してもメガネがいらなくなり、今まで以上に生活がしやすく、おしゃれも楽しくなったそうです。

白内障の手術は、その手法も水晶体の代わりに入れる人工の眼内レンズも「すさまじい」といえるほどの進化を遂げています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です